交通事故


1. 交通事故における請求については、加害者に弁護士がついていなければ加害者側の保険会社の提示額は低額であることが一般的です。そこで、弁護士が加害者側と交渉し、必要に応じて裁判を提起し、請求金額の増額を求めることが交通事故における弁護士の役割です。

 

2.交渉

 加害者側、加害者側の代理人、加害者側の保険会社と交渉することにより、賠償額の増額を目指す手続きです。

 交渉はあくまで話し合いですので、相手方が同意しなければ解決しませんし、裁判で勝つよりも低額の賠償額となることも多いですが、裁判よりも早期に解決しますし、相手方からの自主的な支払いがなされることが多いため、賠償額の増加よりも早期の解決にメリットを感じるのであれば裁判よりも交渉手続きが適しています。

 

3.損害賠償請求の裁判

 相手方に対して裁判を提起し、裁判手続きにより賠償額の増額を目指す手続きです。交渉を行っても相手方が譲歩しない場合、もしくは相手方から提案のあった賠償額の納得がいかない場合に、裁判を提起します。

 勝訴すれば加害者側提示額よりも大幅な増額が可能なケースも存在します。また、一定程度の弁護士費用を相手方に請求することができます。

 また、裁判手続き上で、相手方と和解することにより解決するケースも多々ございます。

 

4.弁護士費用

 

(1)相談料・弁護士費用のページの民事事件の着手金・報酬の金額をご覧ください。

(2)交通事故では事故当初に損害の金額が確定していないことも少なくありません。

   そのような場合、最低額の着手金(10万円+消費税)でいったん受任いたします。

   その後、請求額確定後に計算した着手金が10万円より多くなる場合差額を追加していただきます。

(3)保険会社の弁護士特約に加入している方は弁護士特約により弁護士費用が捻出できます。

   ご自身の任意保険の条項をご確認ください。

 


賠償額を増額させたい方は TEL 0947-46-4655 にご連絡ください。